素戔嗚尊すさのおのみこと
高天原の国も春になった。 今は四方の山々を見渡しても、雪の残っている峰は一つもなかった。牛馬の遊んでいる草原は一面に仄かな緑をなすって、その裾を流れて行く天の安河の水の光も、いつか何となく人懐しい暖み …
作品に特徴的な語句
稲妻いなずま 羊歯しだ にれ 不機嫌ふきげん 出雲いずも もも 突兀とつこつ 坩堝るつぼ そそ いが 遮二無二しゃにむに 容赦ようしゃ 度毎たびごと 蜜蜂みつばち 喊声かんせい 淙々そうそう 渾身こんしん こうし 眉目びもく とう 言下ごんか 退治たいじ ほた かめ 当惑とうわく 逆立さかだ 茅葺かやぶ 苔蒸こけむ 寸分すんぶん 燐光りんこう 足掻あが 小暗おぐら 榾火ほたび 意嚮いこう 片頬かたほ 土器かわらけ わら つぐな 崩折くずお 人目ひとめ 途切とぎ 成敗せいばい 暮方くれがた 突嗟とっさ かわ 中空なかぞら 入日いりひ 慓悍ひょうかん はやぶさ 石塊いしころ とが 大雨おおあめ 岩角いわかど 枝垂しだ かしわ 一分いちぶ 河原かわら つよ 吉左右きっそう たき 相不変あいかわらず 七日なぬか 烙印やきいん 琅玕ろうかん 山谷さんこく 一声ひとこえ 小家こいえ 素早すばや 熊笹くまざさ 薄日うすび 突慳貪つっけんどん 藤蔓ふじづる 健啖けんたん 太刀打たちうち 無気味ぶきみ 脂粉しふん 視線しせん 顎髯あごひげ におい 二足ふたあし 朽木くちき 膂力りょりょく 手強てごわ 一艘いっそう 殷々いんいん 屍骸しがい 川上かわかみ 遺物かたみ ふせ 評判ひょうばん 大風おおかぜ 一刹那いっせつな 千年ちとせ 水脈みお 碁石ごいし 耳環みみわ 松脂まつやに 愛憎あいぞう 奴僕ぬぼく