素戔嗚尊すさのおのみこと
高天原の国も春になった。 今は四方の山々を見渡しても、雪の残っている峰は一つもなかった。牛馬の遊んでいる草原は一面に仄かな緑をなすって、その裾を流れて行く天の安河の水の光も、いつか何となく人懐しい暖みを湛えているようであった。ましてその河下 …
作品に特徴的な語句
ほお ひた とが から どま ことさら もたら 点頭じぎ かが おろ ほたり あたし おびやか さが ゆんづる さかえ うな おごそか しりぞ あわれみ かたわら たたかい まば けわ さら こい ひそ とど そね おさ くちなわ さいな みこと うる こうべ なまめ いと せい つばくら なめらか おびやか しずく たなごころ 翌朝よくちょう あざやか こが かえ 口惜くちお がた まばら あめ 男女なんによ せな 白衣びゃくい さだ えみ 一臂いちび つの うら そびや あた むらが いかずち いじ くれない 朝夕あさゆう 人懐ひとなつか うしろ まばゆ そよ はず なま いまだ 一尾いちび おろか 砂金しゃきん おのれ あが 先達せんだって こいし 愛憎あいぞう まなこ 翡翠かわせみ にく 噴井ふきい 未嘗いまだかつ またが 四方よも おど