“日置流”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へきりゅう60.0%
へぎりう20.0%
へぎりゅう20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また有村様の横紙破りな。万一お怪我のある時には、この啓之助の落度として、殿より御叱責をうけねばなりませぬ。どうぞ、今日はこの辺で、ひとつ日置流のお手際を拝見いたしたいもので
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
が、太鼓腹突出して、でれりとして、團扇雛妓がせてるやうなのではない。片膚脱ぎで日置流く。獅子寺大弓場先生懇意だから、つて弟子たちに帳面いた。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
で、今度、隅田川両岸人払、いや人よせをして、の陣羽織、菊綴、葵紋服扮装で、拝見ものの博士を伴ひ、弓矢を日置流ばさんで静々練出した。飛びも、立ちもすれば射取られう。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)