“日置大炊”の読み方と例文
読み方割合
へきおおい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
末おそろしいしさえある。お沢の良人、日置大炊は、猟師のような仕事をして、細い煙をたてていたが
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
世の中がおもしろくねえんで、グレた真似をしていますが、三蔵だって、日置大炊のせがれです。旧主のおひい様におたのみをうけて、粗略にゃいたしません。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
お沢の良人の日置大炊は、血路をひらいて姫をさがし求め、それ以後、父なく家なく身寄りも絶えた姫を、乳母夫婦の手でわが子のように育てて来たが、姫が十二のとき
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)