“日置弾正”の読み方と例文
読み方割合
へきだんじょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
前にいった日置流の日置弾正、馬術では大坪流の大坪道禅なども、それより以前に輩出していた所などから見ると、とにかく一般の武道が
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
足利将軍の十代義植の明応何年かに、日置弾正という弓の名手が、修行のため、諸国を遍歴している。これは弓道家の武者修行として、文字に見えている最古の記事である。
随筆 宮本武蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)