“弾正大弼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だんじょうたいひつ50.0%
だんじょうだいひつ25.0%
だんじょうのだいひつ25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今では、養子に遣わして、他藩の太守となっていますが、あの弾正大弼様も、血においては、私たち夫婦の実の子ではございませぬか。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
上杉弾正大弼が病気のため、上野介は、上杉の方へ、看護の者を連れて移っておるとか、又は、近く、米沢藩の警固のに、上杉家の本国へ引きるであろうとか——
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
米沢の城主上杉弾正大弼斉憲がこれを幕府に献じた。に検すれば南宋『乾道淳煕』中の補刻数葉が交っているが、大体は北宋の旧面目を存している。多紀氏はこれをも私費を以て刻せようとした。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)