“日置正次”の読み方と例文
読み方割合
へきまさつぐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「伊賀の国の住人日置正次、弓道の奥義極めようものと、諸国遍歴いたし居るもの。……ご息女のお名前お聞かせ下され」
弓道中祖伝 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
調度掛にかけてある弓箭を眺め、しばらく小首を傾けている、日置正次の耳へ大勢の人声が、裏庭の方から聞こえてきたのは、それから間もなくのことであった。
弓道中祖伝 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)