“日置黙仙”の読み方と例文
読み方割合
へきもくせん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
切髪となっていたお鯉は、越前永平寺禅師となって、つい先の日遷化された日置黙仙師について受戒し参禅していたが、女将もその悟道の友であった。
一世お鯉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)