“日置帯刀”の読み方と例文
読み方割合
へきたてわき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
このたびの儀は、備前家来日置帯刀に謹慎を申し付け、下手人滝善三郎に割腹を申し付けたから、そのことを各国公使に告げるよう勅命をこうむった、とめてある。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
事の起こりは、備前藩の家中日置帯刀の従兵が上京のすがらにあって、兵庫昼食で神戸三宮にさしかかったところ、おりから三名の英人がその行列を横ぎろうとしたのによる。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)