“日置流自慢”の読み方と例文
読み方割合
へきりゅうじまん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
山支度と狩装束できたのはいいが、日置流自慢の竹屋卿の弓も、二、三日の小鳥追いに、あまり大した獲物がなかったので、すぐに飽きてしまった。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)