“髯自慢”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ひげじまん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“髯自慢”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
窓の中の写真は、都会風を模した、土地の上流階級の夫人、髯自慢ひげじまんらしい老紳士ろうしんし、あやしい洋装ようそうをした芸妓げいぎ、ぎごちない新婚しんこん夫妻の記念写真
みちのく (新字新仮名) / 岡本かの子(著)