“喉自慢”の読み方と例文
読み方割合
のどじまん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
海草のいかゞはしき乞食さへにはたず行過るぞかし、容貌よき女太夫にかくれぬしのせながら、喉自慢腕自慢
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ちよいと男がよくて、喉自慢と來てゐるでせう、身上などは持てる筈はありません。
容貌よき女太夫にかくれぬしの頬を見せながら、喉自慢、腕自慢、あれあの声をこの町には聞かせぬが憎くしと筆やの女房舌うちして言へば、店先に腰をかけて徃来めし湯がへりの美登利
たけくらべ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)