“仇無”の読み方と例文
読み方割合
あどな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あ!」と叫びし口はがざりき。満枝は仇無げに口をひて笑へり。この罰として貫一はに三服の吸付莨をひられぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
この仇無しらしき、美き娘のき手を携へて、人無き野道の長閑なるをひつつ行かば、如何ばかり楽からんよと、彼ははや心もになりて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
得もはれぬその仇無さの身に浸遍るにへざる思は、に唯継の目のれて独笑となりぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)