“あはれ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アハレ
語句割合
30.4%
24.1%
12.5%
10.7%
可哀7.1%
可憐4.5%
憫然2.7%
可憫1.8%
悲哀1.8%
可傷0.9%
憐然0.9%
可愍0.9%
0.9%
薄命0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つけるに外見を捨てその蝙蝠傘を借り遂に兩杖となりたるぞなる道は捗取ねど時が經てば腹は减りてまた苦を重ぬるを道人勇みを
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
周三はまた、「何點か俺の生母に似たがある。」と思ツた。で何となく懐慕しいやうにも思はれ、また其のしい末路になツて
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
同じ國の村よりも、他國の村に近く住んでゐる彼等は、互に一種の誇りを持ちながら、互にみ合ひ、助け合つて生活をしてゐる。
霧の旅 (旧字旧仮名) / 吉江喬松(著)
むやうな千種の眼が、ちらりとこつちを見た。と、同時に彼女は、袂で顔をおほつた。肩が大きく揺れてゐるだけである。
双面神 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
かくして得送らぬ文は写せしも灰となり、反古となりて、彼の帯揚にめられては、いつまで草の可哀や用らるる果も知らず、宮が手習はうなりぬ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
光景を眺めて居た丑松は、可憐な小作人の境涯を思ひやつて——仮令音作が正直な百姓気質から、いつまでも昔の恩義を忘れないで
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
へる小鳥の如く身動得為で押付けられたる貫一を、風早はさすがに憫然と見遣りて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
奉公大事ゆゑにを結びて、憂き目にひし貫一は、夫のを転じて身のとせし可憫さを、日頃の手柄に増して浸々難有く、かれをひ、これを思ひて、に心弱くのみ成行くほどに
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
物淋しい景色※ 何故ともなく悲哀じてた。
し乍ら熟柿呼吸を吹いた。敬之進は何処かで飲んで来たものと見える。指された少年の群は一度にどつと声を揚げて、自分達の可傷な先生を笑つた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
大丼が出たり、小皿が出たりするところを見ると、何が無くとも有合のもので一杯出して、地主に飲んで貰ふといふ積りらしい。思へば小作人の心根可傷なものである。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
取りあげ如何にも痩衰へたる其體千辛萬苦の容子自然と面に顯はれたり正直り給ふ天神地祇云ず神明加護にや大岡殿夫婦の憐然に思されコリヤ九助其の方は如何なる意趣有て親類縁者たる惣内夫婦を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
無理無體に引立て柴屋寺畑屋から茲迄連て來ましたゆゑ勾引と存じ小杉の伯父樣と申ましたので御座いますと云ひけるにぞ九助は扨々子供に似合利發者家は何處ぞと尋ぬるに阿部川宿といふ者の娘と申者なりと申せば九助は憐然に思ひサア/\宅迄送つてらんと手を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
雨戸の横柄子緊乎と挿せ、辛張棒を強く張れと家〻ごとに狼狽ゆるを、可愍とも見ぬ飛天夜叉王、怒号の声音たけ/″\しく、汝等人を憚るな、汝等人間に憚られよ、人間は我等を軽んじたり
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
〔譯〕智仁勇は、人皆大徳て難しと謂ふ。然れども凡そ邑宰たる者は、固と親民たり。其の奸慝を察し、孤寡み、強梗くは、即ち是れ三徳の實事なり。
うす暗ひランプの光…………彼女のすゝり泣く声………………何と云ふ薄命な女であるかとはず溜息をついた、やがて汽車はつた
夜汽車 (新字旧仮名) / 尾崎放哉(著)