“れい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:レイ
語句割合
31.7%
30.3%
10.4%
7.0%
4.8%
3.4%
3.1%
2.7%
1.2%
1.0%
0.7%
0.7%
0.5%
0.5%
0.5%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
拱揖0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんな素直えものどこかにかないでもなかったのですが、ぎの瞬間にはけぎらいが全身んでうのでした。
おかみさんはをいい、テーブルかけをひろげて、食事のしたくをととのえ、げるように部屋をでていった。台所へもどりながら
若しにしてなく、にしてならずんば、又是病なり。故に質を存せんと欲する者は先づらく理径明透して識量宏遠なるべし。
文芸鑑賞講座 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
『おさん!』とはずげた。おはにつこりつて、さつとめて、をした。とのる/\ざかつた。
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
こっちのに合わしてと……これでいい、そこで、二つの数字が合ったところで、爆弾を支えている腕金をはずせばいいんだ。
地底戦車の怪人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
暗夜から、吹通す。……初嵐……可懷も、いまは隅田川數萬叫喚である。……蝋燭がじり/\とまた滅入る。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
婆あさんが最後に蓋を切つて味を見て、それから杓子をの杖のやうにてて、「さあ、皆お掛、御馳走が始まるよ」といつた。
その他、なお、舎利塔、位牌、如意、持蓮柄香炉常花五鈷、三鈷、独鈷金剛盤、輪棒、羯麿馨架雲板魚板木魚など、余は略します。
茶の間では、すッくとち上った喬之助が、手早く帯を締め直している。いつの間に抜き放ったのか、々たる九寸五分を口にくわえて。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)
分水上に降る雨が、實に一糎か二糎の相違から、一方は右にれてやがては右の海にそゝぎ、他方は左にれて左の海にそゝぐことになるときかされてゐたのも
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
前にも申上げた通りいわゆる琉球王国は慶長十四年以後は日本の一諸侯島津氏が殊更に名に於ては支那にせしめ実に於ては日本に属せしめてかに支那貿易を
琉球史の趨勢 (新字新仮名) / 伊波普猷(著)
天満のお屋敷で伺いましたので。はい、常木様がおっしゃいました。伝書鳩を古く使ったのはたしかが元祖じゃ、一八郎が初めではないと」
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
先年凡僧こゝに住職し此石を見て出奔せしに他国にありて病死せしとぞ。おもふに此淵にありて天然すなるべし。
禾稼を見るに、春種し夏苗し秋刈り冬蔵す。秋冬に至れば人みなその歳功の成るを悦び、酒を造りり、村野歓声あり。て西成に臨みて、歳功の終るを哀しむものを聞かず。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
夫人居室る、くしてつぽく、い、いたに、一人かくんだ、少年書生姿がある。形容にしてなり、といてある。
みつ柏 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
判斷成敗に其人の年月日時を聞てを立へをこし云ふ事實にの如く世の人の知る處なり扨翌日にも成りければ靱負は其身の吉凶を見ることゆゑ沐浴して身體
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
め彼の白水翁の方へ到りて頼みければ白水翁靱負に對ひ年生れし月日等を聞
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「あら、着物なんかいらなくつてよ。——さうね、あたしの今一番しいのは上の乳母よ。ほらキルビイさんのおにあるやうな。あたし子をあんなのにせてやりたいわ。」
(旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
一蹴し去るべきことをしていた程だったし、勝家もきょうここへ来るまでは、家臣と同じ気もちでいたが、評議の席へ臨んでみると
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
深くば則ちし、淡くば則ちすと。子曰く、果なるかな、これ難きことなしと。——憲問篇——
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
彭の舟はやがて網舟を離れたが、再び漁師に獲られる危険のない所へくると蟹を水の中に入れてやった。蟹は大きな鋏を前で合わせて人が拱揖をするようなをして沈んでいった。…………
荷花公主 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
そのすがたはより長く作りたる挑灯日参などの文字をふとくしるしたるをにてをふりつゝとくはしりておもひ/\にこゝろざす所の神仏へまゐる也。