“令:れい” の例文
“令:れい”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治2
幸田露伴1
押川春浪1
泉鏡花1
石川啄木1
“令:れい”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語1.9%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 中国文学 > 小説 物語0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
れいちゃん、おかあさんに心配しんぱいかけちゃ、だめよ、すこし感心かんしんなさるようにしてあげなくちゃ。」
金歯 (新字新仮名) / 小川未明(著)
すると、そのおとこは、ねらいを中止ちゅうしして、そんならきみてるかといって、れいちゃんをにらんだそうよ。
金歯 (新字新仮名) / 小川未明(著)
婆あさんが最後に蓋を切つて味を見て、それから杓子をれいの杖のやうにてて、「さあ、皆お掛、御馳走が始まるよ」といつた。
れいたちまたかく、本艦々上ほんかんかんじやう戰鬪喇叭せんとうらつぱる、士官しくわん肩章けんしやうきらめく
指図役さしづやくのおかたでございますか、馬乗ばじようれいくだしてられます。
牛車 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
平陽へいようれいを勤めていた朱鑠しゅれきという人は、その性質甚だ残忍で、罪人を苦しめるために特に厚い首枷くびかせや太い棒を作らせたという位である。
また董昭とうしょうは——さきに、帝の勅使として来て曹操にその人品を認められていたかの董昭公仁こうじんは——この際いちやく、洛陽のれいに登用された。
三国志:04 草莽の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
臣愚しんぐおもえらく、今よろしくそのを師とすべし、晁錯ちょうさくが削奪の策を施すなかれ、主父偃しゅほえんが推恩のれいならうべし。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
れい風霜の威もすごく
天地有情 (旧字旧仮名) / 土井晩翠(著)
「これは涿県楼桑村たくけんろうそうそんの生れで、それがしとは幼少からの朋友です。劉備りゅうびあざな玄徳げんとくといって、つい先頃までは、平原県へいげんけんれいを勤めていた者です。——どうかよろしく」
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
いましも船首甲板せんしゆかんぱんける一等運轉手チーフメート指揮しきしたに、はや一だん水夫等すいふら捲揚機ウインチ周圍しゆうゐあつまつて、つぎの一れいとも錨鎖べうさ卷揚まきあげん身構みがまへ
明治三十七年四月十三日、我が東郷大提督の艦隊大挙して旅順港口に迫るや、敵将マカロフ提督これを迎撃せむとし、倉皇さうくわうれいを下して其旗艦ペトロパフロスクを港外に進めしが、武運やつたなかりけむ、我が沈設水雷に触れて、巨艦一爆、提督もまた艦と運命を共にしぬ。
(新字旧仮名) / 石川啄木(著)
あちこちに、しかるべき門は見えるが、それも場末で、古土塀ふるどべい、やぶれがきの、入曲いりまがつて長く続く屋敷町やしきまちを、あまもよひの陰気な暮方くれがた、その県のれいつかふる相応そうおう支那しなの官人が一人、従者をしたがへて通りかかつた。
雨ばけ (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)