“平陽”の読み方と例文
読み方割合
へいよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
平陽を勤めていた朱鑠という人は、その性質甚だ残忍で、罪人を苦しめるために特に厚い首枷や太い棒を作らせたという位である。
夏の月平陽の妓の水衣 召波
俳句とはどんなものか (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
※児が四歳のとき、劉淵平陽の城を築いたが、どうしても出来ない。そこで、賞をかけて築城術の達者を募ると、※児はその募集に応じた。彼は変じて蛇となって、韓媼に灰を用意しろと教えた。