“凡僧”の読み方と例文
読み方割合
ぼんそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先年凡僧こゝに住職し此石を見て出奔せしに他国にありて病死せしとぞ。おもふに此淵にありて天然すなるべし。
二十年も前に、秀吉の大器をすでにぬき、十年も前に、信長の運命を云いあてていた恵瓊もまた決して決して世のつねの凡僧とはいえない。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
先年凡僧こゝに住職し此石を見て出奔せしに他国にありて病死せしとぞ。おもふに此淵にありて天然すなるべし。