“くさばら”の漢字の書き方と例文
語句割合
草原100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……のみならず、その当の目標の曲馬団は間もなく、今日まで見世物の興行などを一度も許された事のない丸の内の草原くさばらの中に大きな天幕テント張の設備を初めた。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
と思わずつまを取りまして、其処そこに有合せた庭草履を穿いての生垣の処へ出て見ると、十間ばかり先の草原くさばらに立って居りまして、頻りと招く様子ゆえお竹は
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)