“そうげん”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ソウゲン
語句割合
宗玄40.0%
草原40.0%
宋元20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その次は坊主がへりで宗玄そうげんといふ四十男、イガ栗頭の大入道で、恐ろしい髯武者だが、不斷は深い笠を冠つてゐるから
銭形平次捕物控:239 群盗 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
「次は伊八というやくざ、二十七、八の好い男で、身軽で気が強くて、箸にも棒にもかからねえ曲者くせものだそうですよ、その次は坊主還りで宗玄そうげんという四十男、エガ栗頭の大入道で、恐ろしい髯武者だが、不断は深い笠を冠って居るから、容易に人相は見せない——これで四人でしょう」
銭形平次捕物控:239 群盗 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
西山にしやまは、先頭せんとうって、草原そうげんほう突進とっしんしました。
白い雲 (新字新仮名) / 小川未明(著)
昼になると、荘園の木戸から一五〇メートルほどはなれたところにある住居すまいにもどって、食事をするのが日課にっかとなっており、草原そうげんをとぼとぼ横切る執事しつじを、その日も近所の女の子が見ていた。
されば宋元そうげん以後の禅味を以てひとり邦画の真髄と断定せる一部の日本鑑賞家の北斎を好まざるはけだしやむをえざるなり。
江戸芸術論 (新字新仮名) / 永井荷風(著)