蜘蛛の夢くものゆめ
S未亡人は語る。 わたくしは当年七十八歳で、嘉永三年戌歳の生れでございますから、これからお話をする文久三年はわたくしが十四の年でございます。むかしの人間はませていたなどと皆さんはよくおっしゃいますが、それでも十四ではまだ小娘でございますから …
作品に特徴的な語句
げん さが ゆう おも めあ さだ いや うつろ はた 実否じっぷ こう 干物ほしもの たな つか ひま とっ 盆前ぼんまえ へっつい 行燈あんどう 諸方しょほう くも 一分いちぶ 一切いっさい 今日こんにち 仕業しわざ 何処どこ かか まま 判人はんにん きざ 前厄まえやく ひる 印籠いんろう かえ 呂律ろれつ ただ 唯事ただごと 商人あきんど 商売あきない 嘉永かえい あざけ 因縁いんねん つち らち 塩梅あんばい 天王てんのう 姉妹きょうだい 娼妓しょうぎ うち 家作かさく 屈託くったく 山車だし 左官さかん 従妹いとこ 得心とくしん 思召おぼしめ 悪戯いたずら 戌歳いぬどし こしら 文久ぶんきゅう 料簡りょうけん かた とき 朋輩ほうばい 本文ほんもん 氏子うじこ 氷川ひかわ 燈火あかり 片陰かたかげ 猿轡さるぐつわ しゃく 白洲しらす 神籤みくじ 神輿みこし たた やつ つつ くだ 繰出くりだ ばち ふけ 草鞋わらじ 蒔絵まきえ 藪蚊やぶか 蚊帳かや せみ 蝋燭ろうそく 蝙蝠こうもり 詮議せんぎ たち 蹴合けあ