“南渓”の読み方と例文
読み方割合
なんけい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それからずっと後の天明年間に書かれた橘南渓の「西遊記」にも、九州の深山には山童というものが棲んでいるの、山女というものを射殺したという記事が見えるから、その昔の文禄年代には
馬妖記 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)