“山童”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やまわろ75.0%
さんどう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして冬に近づく時それがことごとく水の畔を去って、山に還って山童となると考えられ、夏はまた低地に降りくること、山の神田の神の出入と同じであった。
山の人生 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
地女を振りも返らぬ一盛。)そいつは金子を使ったでしょうが、こっちは素寒貧で志を女郎に立てて、投げられようが、振られようが、赭熊取組山童の勢いですから
白花の朝顔 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
また熊本県下の葦北郡辺りにては、河童と山童とは同種にして、春の彼岸より秋の彼岸までは川に入って河童となり、秋の彼岸より春の彼岸までは山に入って山童となると信じておる。
迷信と宗教 (新字新仮名) / 井上円了(著)