“あけび”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
通草59.3%
木通18.5%
通蔓草11.1%
山女3.7%
朱実3.7%
決明果3.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
舌長姥 もし、通草あけび、山ぐみ、山葡萄、手造りの猿の酒、山蜂の蜜、蟻の甘露、諸白もろはくもござります、が、お二人様のお手鞠は、唄を聞きますばかりでも寿命の薬と承る。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
そうしてそれらの古い幹にはふじだの、山葡萄やまぶどうだの、通草あけびだのの蔓草つるくさが実にややこしい方法でからまりながら蔓延まんえんしていた。
美しい村 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
ここから四、五町の間は川沿いの細かい砂地を行くので、伸び放題に蔓を伸して絡み合いもつれ合いながら、太い綱を張り渡した木通あけびや海老蔓や野萄葡などが、鋭い鎌の刃先に懸けられて、気持よく左右に薙ぎ倒されている、中にも往生際の悪い奴は、玉紫陽花などに巻き添いを喰したのもあった。
黒部川奥の山旅 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
中には指で殻を割ってみたら、まだおいしそうな果肉が案外、秘まっている女かも知れないと、蔓さきの木通あけびの実を見付けたような笑いを泛べて近寄って来る男どももあります。
生々流転 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
蔓草も幾種類か匐うてゐる樣であるが、通蔓草あけびが最も多い。
庭さきの森の春 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
同時に、蛇のように、再び舌がうねって舐め廻すと、ぐしゃぐしゃと顔一面、山女あけびつぶして真赤まっかになった。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
……奥州辺とは事かわって、加越かえつのあの辺に朱実あけびはほとんどない。
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
が、歯にカッとすべって、くちびる決明果あけびのごとく裂きながら、咽喉へはずれる、その真中まんなか、我と我が手に赤熊が両手に握って、
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)