“あけび”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
通草59.3%
木通18.5%
通蔓草11.1%
山女3.7%
朱実3.7%
決明果3.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこでみんなは、野葡萄や通草をとりながら、山をくだつて行くことになり、てんでんバラバラに、雑木林のの方へおりて行きました。
栗ひろひ週間 (新字旧仮名) / 槙本楠郎(著)
夏の野に木苺をもとめ、秋の山に木通葡萄をたずねて、淡い淡い甘味に満足しているのである。
白峰の麓 (新字新仮名) / 大下藤次郎(著)
そして森なかの常磐木にからんで枝垂れてゐる通蔓草の花がいま盛りである。桃畑であつた時のまゝに置いてある家の垣根にもこの蔓草はいつぱいにからんでゐる。(四月十九日)
家のめぐり (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
同時に、蛇のように、再び舌がって舐め廻すと、ぐしゃぐしゃと顔一面、山女して真赤になった。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
小さな梨、粒林檎は生のまま……うでたのは、甘藷とともに店が違う。……奥州辺とは事かわって、加越のあの辺に朱実はほとんどない。
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
が、歯にカッとって、決明果のごとく裂きながら、咽喉へはずれる、その真中、我と我が手に赤熊が両手に握って
日本橋 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)