“糶台”の読み方と例文
読み方割合
ばんだい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
短躯肥満、童顔豊頬にして眉間に小豆大のしたミナト屋の大将は快然として鉢巻を取りつつ、魚鱗の散乱した糶台胡座を掻き直した。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
その頃、私はまあだ問屋糶台に座らせられません。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
そいつを私が糶台に並べて
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)