鴎外漁史とは誰ぞおうがいぎょしとはだれぞ
福岡日日新聞の主筆猪股為治君は予が親戚の郷人である。予が九州に来てから、主筆はわざわざ我旅寓を訪われたので、予は共に世事を談じ、また間〻文学の事に及んだこともあった。主筆は多く欧羅巴の文章を読んで居て、地方の新聞記者中には実に珍しいといわね …
作品に特徴的な語句
あれ おおよ となえ かれ いささか もと とも うかご かたちづく かの あきらか ここ いわん ひそか いつわり にく おく 昔者むかしは ここ ごく たのしみ かく こぼ おぼ あた じゅ もとづ きわ ぬす れん こと 一炷いっしゅ すなわ わずか かな おおい しばら 崇重しゅうちょう たち 旋風つむじかぜ 早晩いつか 沙礫されき みだ 灑掃さいそう たと 言挙ことあげ ばか たとえ 追願おいねがい はるか 陣亡うちじに 一入ひとしお 以還このかた 俳諧はいかい つと すなわ かえ ただ もと まみ 天晴あっぱれ 奈何いかん うれ 完璧かんぺき むか まさ 希臘ギリシャ 幾何いくばく たちま 怨懟えんたい つね あたか 慇懃いんぎん 懺悔ざんげ 所以ゆえん 所謂いわゆる たく ひね 拈出ねんしゅつ くじ とら おお あえ 敵討かたきうち