“つが”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ツガ
語句割合
54.7%
30.9%
2.9%
2.2%
交尾1.4%
1.4%
0.7%
交接0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
津賀0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
店を仕舞うときにみんな売ってしまいそうなものだが、何かの都合でひといだけ品川まで持って行くと、こいつが変に暴れたりする。
半七捕物帳:51 大森の鶏 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
翌晩、坊舎の窓を叩き、う声がした。雨戸を開けると、昨夜の狸が手にの小枝をたずさえ、それを室内へ投げ入れて、逃げ去った。
閑山 (新字新仮名) / 坂口安吾(著)
と敵味方言葉をえた。国分はそのまゝ井戸端へ行って頭を冷した。直ぐ体操に出たところを見ると、大した怪我ではなかった。
凡人伝 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「何しろ作はの血筋のものだから、同じせるなら、あれに後を取らせた方が道だ」
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
「雄と雌との二匹がいて、二つを交尾えて子を産ませた時、莫大な財宝を得られるという、伝説的の蝶だそうで?」
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
敵にそれと明かした以上、どんなに妄執の力が強くとも、えた言葉を破ることはないだろう。彼はそう思うと、でき上がった薪束を、痩せた肩に担ぎ上げて、歩みさろうとする老僧を呼び止めた。
仇討三態 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
心に悲しみ居けるが御儉約るゝは結構の事なれ共御相續の御養子は御家を御せ成さる大事の御方なり其大切なる御養子持參金を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
神佛の感應まし/\天よりして養子にせよと授け給ひし者成べし此家をせん者末頼母しと語合を吉之助に聞て心の内に冷笑へど時節を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
え白らみたる鳥屋の外に交接へるをうち目守る。
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
鞘走らせたは一竿子忠綱、月光を突ん裂き横一揮、南部集五郎の左胴、腰のえをダ——ッと切った。
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
玉だすき 畝火の山の 橿原の 日知りの御代ゆ あれましし 神のことごと の木の いやつぎつぎに の下 知ろしめししを そらみつ やまとを
なよたけ (新字新仮名) / 加藤道夫(著)
二抱へもある赤松の、幹両股になりたる処に、一匹の黒猿昇りゐて、左手に黒木の弓を持ち、右手に青竹の矢を採りて、なほ二の矢をへんとせしが。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
富蔵の隣りにお津賀という二十五六の小粋な女が住んでいる。
半七捕物帳:17 三河万歳 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
売るお何どんの注進ちぇッと舌打ちしながら明日と詞えて裏口から逃しやッたる跡の気のもめ方もしや以前の歌川へ火が附きはすまいかと心配ありげにいた吸殻
かくれんぼ (新字新仮名) / 斎藤緑雨(著)
一 女は我親の家をばず、舅姑の跡を継ぐ故に、我親よりも嫜を大切に思ひ孝行をべし。嫁して後は我親の家にこともべし。て他の家へは大方は使をして音問べし。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
學校をおねになるのですか。』と兒玉うとして、ふた。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)