“感應”の読み方と例文
新字:感応
読み方割合
かんおう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
神佛の感應まし/\天よりして養子にせよと授け給ひし者成べし此家をせん者末頼母しと語合を吉之助に聞て心の内に冷笑へど時節を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
此樣ふとだが、一種感應があつて、きはからどんな遠方れてでも、『あの無事だな』とつてに、はないのです。
おつぎはどうといふこともなく無意識青年るのであつたが、手拭かいつのにはんでることが青年等にも微妙感應した。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)