“優勝劣敗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ゆうしょうれっぱい66.7%
ゆうしやうれつぱい33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
して彼らの理由をせば、人間が世の中にいる以上は、優勝劣敗の原則にしたがい競争するを要するがゆえ、かくすると弁解する。
自警録 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
優勝劣敗さ。働きのない奴はおさんに追い出される」
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
海中魚族にも、優勝劣敗かれぬとへ、沙魚いでつたには、巨大の一りて、稻妻らして、ばりをんでしまつたのだ。