“風袋”の読み方と例文
読み方割合
ふうたい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「分って居るさ、だけどむこうがいくらこっちを侮蔑したって、こっちの風袋ふうたいは減りもえもしやしないからな。」と、平気に見えます。
松花堂しようくわだうの三けう醋吸すすひで、風袋ふうたい文字もんじ紫印金むらさきいんきんだ、よく見ておぼえて置け。
にゆう (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
「三千両といや大金だ。持ってみた事はねえが、一両四もんめずつとして、風袋ふうたい抜きでも十二貫、生優しい人間じゃ持運びの出来る荷物じゃねえ」
風袋ふうたいくと四百八もんめか、どうしたいくつだ廿六かな、さうするとひとつが」商人あきんどのいひをはらぬうちにおしな
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
こんな人のこんな風袋ふうたいばかり大きくても、割れば中から鉛の天神様が出て来るガラガラのような、見掛倒しの、内容に乏しい、信切な忠告なんぞは、私はちッとも聞きたくない。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
そうすると、風袋ふうたいは中身と同じくらいの目方ですむ。
宇宙旅行の科学 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
平次は斯う自問自答するのです。千兩箱の貫々は風袋ふうたいを加へてざつと五貫目、わざ/\そんなをのを持込む必要が何處にあるでせう。
銭形平次捕物控:274 贋金 (旧字旧仮名) / 野村胡堂(著)
いくらなんでえ、風袋ふうたいは」といた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
千両箱というと、一両小判で千枚、一枚四もんめとしても四貫目、風袋ふうたいを加えると一つ五貫目は下りません。
「それですよ——だから私は、あの千兩箱には誰にも手を掛けさせ度くなかつたんです——あれは親分、正直に申し上げると、小判なんか一枚も入つちや居ません。あの中に詰めてあるのは皆んな、砂利ですよ——中には風袋ふうたいだけの空つぽのもある筈で」