明治文学管見めいじぶんがくかんけん(日本文学史骨)(にほんぶんがくしこつ)
一、快楽と実用 明治文学も既に二十六年の壮年となれり、此歳月の間に如何なる進歩ありしか、如何なる退歩ありしか、如何なる原素と如何なる精神が此文学の中に蟠りて、而して如何なる現象を外面に呈出したるか、是等の事を研究するは緊要なるものなり、而し …
作品に特徴的な語句
状態ステート いた 精神スピリツト こは 機会チヤンス パツシヨン ふさ 反対ヴアイス・ヴアーサ ポエトリー 慰藉コンソレーシヨン あづか さきだ たふと かな とゝの おのづ ども いづ かたじけな 追躡つゐでふ には 変遷トランジシヨン くし かたちづく かの 悉皆しつかい ぼつ あげ かゝ しよ 主要ヲーソリチー いふ かへ やぶさか むべ 彷徨はうくわう 快楽プレジユーア 意志ウイル 生命ライフ あひ をは みづか うかゞ つまびら 主義プリンシプル わづ よろこ 孜々しゝ 孳々じゝ 差別けぢめ かく ほとんど てき くう あつ 縦令たとひ もし たづ つまびらか いへども あらかじ たふ すべ 刮目くわつもく のぼ かへ 商賈しやうこ たゞ 嚮導きやうだう 墨守ぼくしゆ 墨繩ぼくじよう 奈何いか 如何いかん 孤立アイソレーテツド ゆる 屏風びやうぶ 帰一ユニチー うつた 慰藉ゐしや はゞか 抛擲はうてき にな 撞着どうちやく 放逸はういつ 暢達ちやうたつ 桜痴あうち 此処こゝ こゝ なほ