“反射”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はんしゃ50.0%
はんしや36.7%
てりかへし6.7%
てりかへ3.3%
ひかり3.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
太陽はまぶしく、銀貨反射しました。みんなは、このをおそれるように後退りをしました。そして、をみはりました。
幸福に暮らした二人 (新字新仮名) / 小川未明(著)
此頃の亀甲形亀裂つた焼土を踏んで、空池の、日がす計りに反射する、白い大きな白河石の橋の上に腰をした。
蓬生 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
その淡青き白き文字のかすかなる黄なる反射よ。『園内の草は自生といへども摘み取るべからず』云云。
桐の花 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
鍬打て、日は三角畑のお茶の芽に赤く反射しかつ照りやまず
雲母集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)