在りし日の歌ありしひのうた亡き児文也の霊に捧ぐなきこふみやのれいにささぐ
なにゆゑにこゝろかくは羞ぢらふ 秋風白き日の山かげなりき 椎の枯葉の落窪に 幹々はいやにおとなび彳ちゐたり 枝々の拱みあはすあたりかなしげの 空は死児等の亡霊にみちまばたきぬ をりしもかなた野のうへは …
作品に特徴的な語句
裸足らそく 銅鑼ごんぐ あかね 布団ふとん 枇杷びは おり 尨大ぼうだい 鳶色とびいろ 怯懦けふだ 薬鑵やくわん 白雲しろくも 紺青こあを 見遣みや かはら 独身者どくしんもの 静謐せいひつ 乾物ひもの 昵懇ちか はがね 真昼ひる 一塊いつくわい 道化どけ 燧石ひうちいし 図体づうたい 水田すいでん 乳母車うばぐるま 洒落者しやれもの 大河おおかは しと 含羞はぢらひ 大原女おほはらめ 空箱から かは 下枝しづえ 幾多あまた 古強者ふるつはもの はへ 木履ぼくり 砂礫されき 沈黙しじま 反射ひかり 花瓣くわべん 太古むかし もと 嬌羞けうしう 地方くに 竦然しようぜん 軒燈あかり 胸乳むなち 外国あつち 紅殻色べんがらいろ 良夜あたらよ 陽光ひかり なよ 中庭には 年増女としま 樹脂きやに とほ そそ 白薔薇しろばら 不識しらず 東明しののめ 蛔虫むし 軋音あつおん 縁者みより 石鹸箱せつけんばこ 歯刷子はぶらし 護謨合羽かつぱ 麦稈真田ばくかんさなだ 無形むぎやう ひづつ 号笛フイトル 罅裂はじ 大高源吾おほたかげんご 奥処をくが 戯女たはれめ 所有品もちもの 手中しゆちゆう 押花おしばな あが 接唇くちづけ