在りし日の歌ありしひのうた亡き児文也の霊に捧ぐなきこふみやのれいにささぐ
なにゆゑにこゝろかくは羞ぢらふ 秋風白き日の山かげなりき 椎の枯葉の落窪に 幹々はいやにおとなび彳ちゐたり 枝々の拱みあはすあたりかなしげの 空は死児等の亡霊にみちまばたきぬ をりしもかなた野のうへは あすとらかんのあはひ縫ふ古代の象の夢な …
作品に特徴的な語句
ほか おぢ 地方くに をみな あーを 以前せん しづく 含羞はぢらひ あだ おも 一塊いつくわい ひづつ 大河おおかは 昵懇ちか おほ 兄弟はらから 反射ひかり 縁者みより 号笛フイトル 罅裂はじ しやが さかし 性質さが かうべ なほ おも 紺青こあを ほう 外国あつち をんな 樹脂きやに いはほ 軒燈あかり はふ 中庭には あを 空箱から 竦然しようぜん 真昼ひる 先刻せんこく 白雲しろくも にやあ くすぶ 無形むぎやう 呆気ほうけ きら もぐ あは はだへ 太古むかし こは ごふ 花瓣くわべん 銅鑼ごんぐ 道化どけ 菖蒲しやうぶ 幾多あまた 赫々あかあか おとな 一日ひとひ かはら まなこ 真実ほんと 畢竟ひつきやう しや 琵琶びは 玩具おもちや なほ おり かは ながれ そそ 水田すいでん 胸乳むなち 膝下ひざもと 枇杷びは あした ゆす あを 薬鑵やくわん 蛔虫むし はへ ひと ひま 嬌羞けうしう 奥処をくが