“ひか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヒカ
語句割合
44.7%
23.8%
落籍6.6%
4.6%
2.4%
2.0%
2.0%
1.1%
乾枯1.1%
緋鹿1.1%
0.9%
干涸0.9%
0.5%
0.4%
乾涸0.4%
干乾0.4%
悲歌0.4%
火掻0.4%
0.4%
耀0.4%
落藉0.4%
0.4%
0.4%
非耶0.4%
比嘉0.2%
0.2%
乾干0.2%
0.2%
廃業0.2%
微光0.2%
0.2%
0.2%
氷鹿0.2%
淝河0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
脾下0.2%
0.2%
贔屓0.2%
退0.2%
鄙歌0.2%
非乎0.2%
非歌0.2%
飛過0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
で、たこのうなりがする。けると、あかるくむ。絹糸よりもいくものが、へやのにかかってっている。
ある少年の正月の日記 (新字新仮名) / 小川未明(著)
一体東海道掛川宿から汽車んだとえてる、腰掛れて、死灰へたから別段にもまらなかつた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
程なく兄は或る藝妓を落籍して夫婦になつた。智惠子は其賤き女を姉と呼ばねばならなかつた。遂に兄の意に逆つて洗禮を受けた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
ただしアプレウスの書に無花果の一種能く屁放らしむるを婦女避けて食わずとあれば、婦女はなるべくえ慎んだらしいとあって
父と下町へ行くのはいつも私の楽しみにして居たことで、此日もかういはれるとしくてらず、父の手にれてイソ/\行升た。
黄金機会 (新字旧仮名) / 若松賤子(著)
鏡の周囲には奇異なる彫刻があって、店の主人がそれを運んだ時、輝いている灯に映じても、さのみにらなかった。
家の柱縁側なぞ時代つきて飴色に黒みてりたるに障子の紙のいと白くの匂も失せざるほどに新しきは何となくよきものなり。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
すでにこの河面に嫌厭たるものをしているその上に、私はとかく後に心をれた。何という不思議なこの家の娘であろう。この娘にも一光閃も、一陰翳もない。
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
銀座から日本橋界隈の街通りは、立派と云えば立派だけれども、何か空気がカサカサ乾枯らびているようで、彼女などには住みよい土地とは思えなかった。
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
彼女は緋鹿の子の帯揚が胸のところにこぼれているのを見つけだすと、てたように帯の間にたくしこんで、胸をかたく合せた。藤紫の半襟が、なるべく隠れるように襟元をつめた。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
その水煙りに似たりを蹴散らして魚のやうに飛び回つてゐるので、何れが誰れやら男達の眼には一向区別もつかなかつた。
南風譜 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
し病弱であればこそ、そうやって筆もられるので、そうでなかったら勅任教授か何かで、大学あたりの教壇で干涸らびてうに相違ない。
日本探偵小説界寸評 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
一時を快くする暴言も小唄に過ぎざるをりて、手持無沙汰を鎮めつ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
案事けれどもお菊がされて毎夜々々通ひはなすものゝ何時もる事なく夜更て歸りけるが今夜も最早丑刻頃馬喰町へぞ歸りける然るに先刻より樣子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
晴れるとも曇るとも思案の付かない空が下界を蔽い、本郷一帯の高台を吹き廻る風はヒューヒュー鳴って、大学前の大通りを通る程の物が、カサカサと乾涸らびた微かな音を立てゝ居た。
The Affair of Two Watches (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
そして泣けるなら泣きいと思つた。が眼には涙が干乾らびてゐた。私はぢつとしてゐられなくなつた。何かしなくちやならないが何もできなかつた。それで無意識に立上つて次の間へ行かうとした。
父の死 (新字旧仮名) / 久米正雄(著)
さすがは場数を踏んだ巡査部長だけあって、口ではいても、態度はしっかりしたものだ。腰をかがめると、火掻で、その肋骨らしいものを火のなかから手前へ掻きだした。
蠅男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
悪戯なくせに、大飯食ひばかり揃つて居て——はゝゝゝゝ、まあ君だから斯様なことまでも御話するんだが、まさか親の身として、其様に食ふな、三杯位にしてへて置け
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
二、三秒、暗黒に慣れた瞳がんだ。やがてのこと、青白い耀りに照らし出された井戸の底に、水はなくてもが燃え、人の形のかすかに動いているのが、八丁堀三人の視線を捉えた。
が、結婚の式場にるまで、彼は瑠璃子を高価った装飾品のようにしか思っていなかった。五万円に近い大金を投じて、落藉した愛妓に対するほどの感情をも持っていなかった。
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
けれども、如何仕様も無い、って行く外はない。咽喉は熱してげるよう。そ水を飲まぬ方が手短に片付くとは思いながら、それでもしやにされて……
「恋がると九寸五分が紫色にると云うのです」
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
太陽の熱をして寓在して松樹柏樹の枝幹莖葉を成さしむる所以のものは是力歟非耶、若し是力ならずんば何物の之をして然らしむるぞや、又若し是力ならんには、此の力は如何にして生じ
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
比嘉もなかなかやつて来てはくれない。ゆき子は、何故か、静岡へ手紙を出したかつた。継母へあてて手紙を書きたかつたが、考へてゐるうちにまた気も変つてくる。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
若い医者は、比嘉といふ名前で、先代は琉球の生れだと云ふ事である。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
っているうちに一人、頭から黒いを被って、顔色がのように青白い、れた女がある。眼は泣き腫らして、唇の皮が厚くらびて、堅く死骸に抱き付いたまま身動きすらしなかった。
越後の冬 (新字新仮名) / 小川未明(著)
真ん中頃に二カ所どす黒くコチコチに乾干らびた、どうも血らしいものの付いているところがございました。
蒲団 (新字新仮名) / 橘外男(著)
武王(二六)木主せ、して文王し、のかた(二七)つ。伯夷叔齊(二八)へてめて
廃業せるお客海上の顔にもかゝるんですから、立派にして遣らねばならぬ、立派にしてやるが青二才の職人風情に真似の出来るもんか、己と競争ようと思ったッて到底も及ぶまいと
横倒しになっている主税の足許に、その縁を白く微光らせながら、淀屋の独楽が転がっている。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
これらの言葉我をへしめたれば、我はこの問を棄て、自らへつゝたゞりてその誰なりしやを問へり 一〇三—一〇五
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
それから一年あまりの後、職人を呼んで家根のつくろいをさせると、瓦のあいだから何か堅い物が地に落ちた。よく見ると、それはに紛失したかの箆であった。つづいてらびた骨があらわれた。
神武天皇が熊野から八咫の烏の先導で吉野にかかったとき、尾のある人間が井戸の中から出てきて、その井戸が光った。お前は誰だと問うたら、国ツ神で名を氷鹿という者だと答えた。
争ってを殺さんことを請う。安が数々燕兵を破り、驍将る数人なりしをてなり。燕王其の材勇を惜みて許さず。安に問いて曰く、淝河、公の馬かずんば、何以に我を遇せしぞと。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
というより、この異国の女の鼓動が胸を透して優しい花のように文字どおりに、すこしずつ高まったり低くなったりして、ちかちかした胸衣の飾り玉の青や黄いろをらせた。
ヒッポドロム (新字新仮名) / 室生犀星(著)
佛燈如螢煕 仏灯 蛍の如くる。
閉戸閑詠 (新字旧仮名) / 河上肇(著)
こまやかな肉が、ほどよく色づいて、強い日光にめげないように見える上を、きわめて薄くが吹いている。てらてらる顔ではない。
三四郎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
何故、冬の月は朝になってもあんなにるのだらう。私は寝衣一枚で窓側に立って慄へて居た。
焚いてしまふ (新字旧仮名) / 原民喜(著)
毎年秋のを鹿ががさつかせるという時分、大したお供揃で猟犬や馬をせておりになったんです。
忘れ形見 (新字新仮名) / 若松賤子(著)
昨日の一壮士、奇運に遭会し代議士の栄誉を荷ひて議場に登るや、酒肉足りて脾下見苦しく肥ゆるもの多し、われは此輩に会ふ毎に嘔吐を催ふすの感あり。
三日幻境 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
特に藝術と宗教とが深く編みなされている世界に、強く心をれている私は、それらの要素の完全な結合である上人の作に、自ら近づくべき歩を進めていたのです。
民芸四十年 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
すると、うむ、それは、よき人々に贔屓れておるな——広海屋と申せば、名うての大町人、やがて江戸一にもなるべき人だ——
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
実家へも帰られないので此様な汚ない空家を借りて世帯を持たして、爺むさいたッてお前さん茅葺屋根から虫が落ちるだろうじゃアないか、本当に私を退したって亭主振って、小憎らしいのだよ
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
『生木にゃ青い血、オージルビーにゃ金の血』という名高い鄙歌はあれは修辞的の意味ばかりでなく文字通りの意味があるのじゃ。
得之たるは、らず、ぶを細君ざるによるか、非乎
術三則 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
より歌と歌ならざる者との境界は画然と分れたる者に非ざれば、論理的の厳格なる意味を以て「これは歌なり」「これは歌にあらず」と断定するは、非歌中間の歌にありては最もし。
人々に答ふ (新字旧仮名) / 正岡子規(著)