“驍将”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぎょうしょう95.0%
げうしやう5.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その中には、虎痴許褚をはじめとして、夏侯淵、徐晃、曹洪などの曹軍中の驍将はことごとく出揃っている。馬超は、ぎょッとして
三国志:08 望蜀の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
本当は信長の陣が十三段の備えの内十一段まで崩れたというから、木下秀吉、柴田勝家、森可成の驍将達も一時は相当やられたらしい。
姉川合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
はうとして、ふとみてつた。這個髯斑にして辺塞驍将して、さむには、当時流行剣劇朱鞘不可講談ものゝ鉄扇でも不可い。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)