杜子春とししゅん
或春の日暮です。 唐の都洛陽の西の門の下に、ぼんやり空を仰いでいる、一人の若者がありました。 若者は名を杜子春といって、元は金持の息子でしたが、今は財産を費い尽して、その日の暮しにも困る位、憐な身分になっているのです。 何しろその頃洛陽とい …
作品に特徴的な語句
さが おっしゃ おごそか きもの がく 充満みちみ っか ごく かた 黄金おうごん かしこま 白蛇はくだ ほとんど かえ きわ やさ とお くれ 袖裏しゅうり うしろ なか ため 飛過ひか ねがい すさま 白馬しろうま おごそ とう うた まろ あした またが よる おしえ くつがえ いぶか ぬぐ 御出おい 蒼梧そうご むな こも あわれ かか 蝙蝠こうもり きば 牡丹ぼたん ねら なお けもの 玄宗げんそう 瑪瑙めのう あと さかん すがめ まゆ 眉毛まゆげ 眷属けんぞく なが 着下きくだ にら またた たしか わたし うかが 竹杖たけづえ しゃく はず ふし しゃ 繁昌はんじょう ののし しずか にしき なべ よろい ひらめ 開闢かいびゃく 閻魔えんま きざはし すき らい かすみ 青蛇せいだ 香木こうぼく 一夜ひとよ ふもと 魔性ましょう びん ひげ かしら なび むち さえぎ くび
題名が同じ作品
杜子春 (新字旧仮名)芥川竜之介 (著)