人々に答ふひとびとにこたう
歌の事につきては諸君より種々御注意御忠告を辱うし御厚意奉謝候。なほまた或諸君よりは御嘲笑御罵詈を辱うし誠に冥加至極に奉存候。早速御礼かたがた御挨拶可申上之処、病気にかかり頃日来机に離れて横臥致しをり候ひしため延引致候。幾百年の間常に腐敗した …
作品に特徴的な語句
くん なご わろ かたじけの 出来でく ただ ずき ぽこ あきらか ただち こだわ かの とど ざま ごく あし さい ただし もっとも あらた おもい いお 可申もうすべき 薔薇そうび やわら ひそか きらい もう ちな 如何いかが つまびらか ことごと おおむ 一塊いっかい うたがい 曠野あらの むね はさ かたみ いたずら ろう あた たくみ なか すくな 宣長のぶなが 孝貞こうてい 如何いかん こころみ 足下そっか へだた ひま かた わずか すべ はるか かたわら ひく いにしえ 贔屓びいき あげつら あやまり 盛唐せいとう 非歌ひか あら かさ 雲雀ひばり くせ 白頭はくとう しずく さかん かた 難致いたしがたく 鳴雪めいせつ しお いかだ たけ 清初しんしょ まゆ 黒人くろうと わた 渺々びょうびょう