作男・ゴーの名誉さくおとこ・ゴーのめいよ
嵐吹く銀緑色の夕方、灰色のスコッチ縞の着衣につつまれた師父ブラウンは、灰色のスコットランドのある谷間の涯に来た、そして奇妙なグレンジル城を仰ぎ見た。城はその窪地の一方の端を袋町のように塞いでいた、それがまた世界の涯のように見えた。嶮しい屋根 …
作品に特徴的な語句
おろ シャトー 塵芥じんあい 御頭みあたま げん 宝石はうせき るい あが 嬰児あかんぼ うしろ 窓框まどかまち 角灯カンテラ 訓言くんごん 一所ひとところ 一行いっこう くだ 仄暗ほのくら ばこ 北行ほくこう しわが 土塊どかい 外柵そとさく 夜気よき さき 弥撤みさ のち 御名おんな しん 暖炉ストーブ ひつぎ だま 気狂きちがい 片端かたっぱし こわ とう 緑色りょくしょく 裏面りめん かたど 象眼ざうがん 鄙歌ひか 鋤頭すきがしら くだ つら 馬丁ばてい かぎ 一塊ひとかたまり 世人せじん うち 仮髪かつら 伽話とぎばなし 何人なんぴと 作列さく 作男さくおとこ 倫敦ロンドン 出立しゅったつ 分前わけまえ かく 卓子テーブル 厚雲あつぐも 厨夫ちゅうふ くさむら 叮嚀ていねい 吃驚びっくり 吹荒ふきすさ 吾々われわれ 呶鳴どな むせ マイル 唖者おし ふくろ うず 城影じょうえい 基督キリスト 夕映ゆうばえ ほか 孤巌こがん へや うち 寺男てらおとこ 小岳しょうきゅう 小男こおとこ 山風やまかぜ けわ 師父しふ 幾条いくすじ 御光ごこう 御名みな 心持こころもち 心根こころね