“外柵”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
がいさく50.0%
そとさく50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“外柵”を含む作品のジャンル比率
文学 > 英米文学 > 小説 物語1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
旧砲兵営の外柵がいさく生茂おひしげ群松むらまつ颯々さつさつの響をして、その下道したみち小暗をぐらき空に五位鷺ごいさぎ魂切たまきる声消えて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
材木と針金とで作った粗末な外柵そとさくは、これが墓地の境界だと一行いっこうに物語る様に嵐の中にピュウピュウと鳴っていた。