“長廊下”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ながろうか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“長廊下”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
保吉は庫裡くりの玄関に新しいエナメルのくつぎ、日当りの長廊下ながろうかを畳ばかり新しい会葬者席へ通った。
文章 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
その時、長廊下ながろうかをどたどたと、かけまろんできたひとりの弟子でしは、まっさおなおもてをぺたりと、そこへせて、
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)