“冉有”の読み方と例文
読み方割合
ぜんゆう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
第九、第十の子貢や冉有の話もほぼ同様なものであろう。子貢の外交の話は子貢が弁舌に達せることから出たものと思われる。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
てきぱきした実務家の冉有。温厚の長者閔子騫穿鑿好きな故実家の子夏。いささか詭弁派的享受家宰予気骨稜々たる慷慨家公良孺
弟子 (新字新仮名) / 中島敦(著)
子路と曾皙冉有公西華が先師のおそばにいたとき、先師がいわれた。——
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)