“加納藩”の読み方と例文
読み方割合
かのうはん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
加納藩郡上藩高富藩、また同様であるとか、そんなうわさが毎日のように半蔵の耳を打った。
夜明け前:03 第二部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
美濃のくに加納藩に実家があるので、ひとまずそこへ落ち着くことにきめたのである。お咎めによる追放なので、知りびとは云うまでもなく、召使たちも見送ることはできなかった。
日本婦道記:箭竹 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
十一月二十七日に中津川を出立した浪士らは加納藩大垣藩との衝突を避け、本曾街道の赤坂、垂井あたりの要処には彦根藩の出兵があると聞いて、あれから道を西北方に転じ
夜明け前:02 第一部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)