“處業”のいろいろな読み方と例文
新字:処業
読み方割合
しよげう50.0%
しわざ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
死骸にくゝりてお役目なれば引導をたのみますとげつけしりしが、それは校内一のとてにもりての處業はなかりき、は十五
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
學士出立後の一日二日より處業どことなく大人びてまでのまヽもはず、はり仕事よみ以前してをつヽしみありとも人寄芝居きしけねば
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
我が渡邊の家の末をおもふにも、母が處業は惡魔に似たりとさへ恨まれける。
琴の音 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
御贔負をの嬌音これたやすくはひがたし、れが子供處業かと寄集りしいて太夫よりは美登利めぬ、伊達にはるほどの藝人此處にせきめて、三味
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)