“處置”のいろいろな読み方と例文
新字:処置
読み方割合
しよち75.0%
トリアツカヒ16.7%
しうち8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
もしのような性質心得てゐると、落着出來るため、危急場合機宜する處置出來るようにもなるものである。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
紫と謂つても、茜と謂つても皆、昔の樣な、染め漿處置はせなくなつた。さうして、染め上りも、艶々しく、はでなものになつて來た。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
と祭の夜の卑怯の處置を憤り、姉の全盛を笠に着て、表一町の意地敵に楯つき、大黒屋の美登利、紙一枚のお世話にも預らぬものを、あのやうに乞食呼ばはりして貰ふ恩は無し、と我儘の本性