“人寄”の読み方と例文
読み方割合
ひとよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
加賀の金沢などではこの遊びをオジャコトといっている。御座は年忌でなくとも僧をじ、説教を聴聞する人寄せであるが、やはり法事のように食物が出たものと思われる。
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
學士出立後の一日二日より處業どことなく大人びてまでのまヽもはず、はり仕事よみ以前してをつヽしみありとも人寄芝居きしけねば
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
かれの仕事にはにぎやかな人寄せの音楽がなければならなかった。