“人寄席”の読み方と例文
読み方割合
ひとよせ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
『国民の友』に「人寄席の話」を投書したのが縁となって遂に民友社に入社し下層の事情に通ずるので重宝がられていたがその後行方不明になって今に誰の処にも音信がない。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)