“學士”のいろいろな読み方と例文
新字:学士
読み方割合
がくし83.3%
ドツトレ16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
るきおこれをきて、もひねくれしかな、もし學士にありて札幌にもゆかず以前やさしく出入りをなさば
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
學士昨夜礫川なるで、寢床つたことをつて、あとはのやう。ともえず。
三尺角拾遺:(木精) (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
ピアツツア、コロンナに伶人の群あり。非常を戒めんと、にねりゆく兵隊の間をさへ、學士、牧婦などにいでたちたるもの踊りくるひて通れり。