“粗匇”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そそう77.8%
そそっ11.1%
ぞんざい11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、別に殿中では、何も粗匇をしなかったらしい。宇左衛門は、始めて、愁眉を開く事が出来るような心もちがした。
忠義 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「まあ、粗匇かしいこと。」
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
富「いやさ、お顔を見てはなりませんよ、ろと仰しゃった時に始めて首を上げて、殿様のお顔をしげ/″\見るのだが、粗匇にしてはなりませんよ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)