“あきらか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アキラカ
語句割合
80.0%
明瞭5.5%
明白4.8%
分明2.8%
1.4%
煕々1.4%
0.7%
明了0.7%
明然0.7%
0.7%
確的0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とあって、に山犬となっている。これは『風土記稿』の編者が俗にいうお犬さまに当てた字で、所謂オホカミを指したものである。
二、三の山名について (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
「いやいやそれは明かされぬ。しかしそのうち自然自然明瞭になる時節があろう。その時節を待たねばならぬ」
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
エレミヤの慨歌は今は註解書に依らずして明白に了知するを得たり、放逐の作と見做してのみ〔ダンテの〕ディビナ、コメヂヤは解し得るなり
基督信徒のなぐさめ (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
殺害に及びしなどとはにも知らぬ無實の難にて入牢なし其事故の分明らぬ内に情無くも牢死に及びける故遂に死人に口なしとて悉皆く長庵の佞辯により種々言廻され道十郎の罪科とは定まりし事無念骨髓り女ながらも再度ひを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
の時に疾翔大力、爾迦夷に告げてく、に聴け諦に聴け。を思念せよ。我今に梟鵄悪禽離苦解脱の道を述べんと。
二十六夜 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
たとひ遠郷にゆきて年をても鳥をすれば必凶応あり、灵験煕々たる事此一を以て知るべし。されば遠郷近邑信仰の人多し。
、太素は杳冥たれども、本つ教に因りてみ島を産みたまひし時をり、元始は綿邈たれども、先の聖にりて神を生み人を立てたまひし世をにす。
其方共儀夫等災難を歎き艱難辛苦の上公儀巡見使出申立明了なるにより善惡判然と相れ九助の寃罪ぎし信義貞操の段厚く
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
我は明然に我が情を曰ふ、美しきものに意を傾くること人に過ぎて多きを。然はあれども、わが美くしと思ふは人の美くしと思ふものにあらず、わが物に感ずるは世間の衆生が感ずる如きにあらず。
哀詞序 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
汝は汝の目をにし鋭くせざるをえざるほど、終極の救ひに近づけり 一二四—一二六
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
先達からちょくちょく盗んだ炭の高こそ多くないが確的に人目を忍んでの物を取ったのは今度が最初であるから一念其処へゆくと今までにない不安を覚えて来る。
竹の木戸 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
突き出た大きな岩の手前まで来ると、その声はいよいよになった。
月世界競争探検 (新字新仮名) / 押川春浪(著)