“さやか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
分明50.0%
50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昨日きのふこそ誰乎彼たそがれ黯黮くらがりにて、分明さやか面貌かほかたちを弁ぜざりしが、今の一目は、みづからも奇なりと思ふばかりくしくも、彼の不用意のうちに速写機の如き力を以てして、その映じきたりし形をすべのがさずとらへ得たりしなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
還り多時しばらく酒など酌交くみかはす様子なりしが、高声一つ立つるにもあらで、唯障子を照すともしのみいとさやかに、内の寂しさは露をも置きけんやうにて、さてはかの吹絶えぬ松風に、彼等はつひゑひを成さざるならんと覚ゆばかりなりき。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)