“今先方”の読み方と例文
読み方割合
いまさきがた100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今先方までの長蔵さんは始終自分のに食っついていて、たまに離れると便所からでも顔を出して呼ぶくらいであったのに、蟇口を受け取って
坑夫 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)